資金繰り表の作成

資金繰り表、資金繰り計画表で金融機関から信用アップ

資金繰りの心配のない経営

黒字なのに、どうしてお金が足りない。
金融機関から、資金繰り表を要求された。
売上が減らないよう、値引きに応じてしまう。
資金の心配のない経営ができたらいいのにと思いませんか。

資金繰り表は、あったほうがよい

仕入支払が先で、売上入金が後、会社は常にお金が不足しがちです。
企業は黒字でも資金不足になれば倒産します。
資金繰りとは、お金がいつ、いくら足りなくなるかを早く察知し、不足額をどう埋めるかを、決めることです。
そのためには、資金繰り表の作成が一般的です。
中小企業でも、資金の心配から解放されるには、資金繰り表を作成したほうがいい。
金融機関から協力がえられやすい。

会計データを資金繰りに活用

TKC会計ソフトには、資金繰り表作成機能があります。
会計データ入力するだけで資金繰り実績表が作成されます。
その入力データを活用し、資金繰り計画に必要なデータを入力することにより資金繰り予定表が
企業自ら作成できます。

資金繰りのつなわたりから、資金繰り計画策定へ

今月の資金繰りしか目に入らない経営から
不足にならないよう資金繰りを立てる経営