戸田市,蕨市,川口市を中心に地域に貢献する税理士事務所 
大切に思うご自分の企業の良いところ、足りないところわかっていますか。                    協力してくれる方々に理解してもらえるように説明できますか。   

資金繰り表の作成

金融機関からの信用をアップし,

資金繰りの心配のない経営をめざしませんか。

資金繰りの心配のない経営

黒字なのに、どうしてお金が足りないのか。
金融機関から、資金繰り表を要求された。
売上高を減らさないため、値引きに応じてしまう。
資金の心配のない経営ができたらいいのにと思いませんか。

仕入支払が先で、売上入金が後、会社は常にお金が不足しがちです。
一般的に、資金繰りのためには資金繰り表が作成されます。
中小企業でも、資金の心配から解放されるには、資金繰り表を作成したほうが良いのです。
また、金融機関から協力がえられやすくなります。

今月足りない資金を都合する

資金繰りとは、支払に困らないようお金を工面することです。
企業は黒字でも資金不足になれば倒産します。
資金繰りとは、
①お金がいつ、いくら足りなくなるかを早く察知し。
②不足額をどう埋めるかを、決めることです。

そのためには、資金繰り表の作成が一般的です。

しかし、それだけではありません。

今期の業績を上げる

売上を伸ばすには、売れる商品の在庫を増やす必要があります。
そのための在庫資金を借りられるかどうかが、今期の業績に影響します

どのように活動すれば、社内で在庫のための資金をうみだし、不足額を借入することができるでしょうか。

数年後の企業の規模をきめる

設備購入資金を借りられるかどうかは、数年後の企業の規模を決めます。
資金繰りは、会社の未来を決めます。
長期的に、
どのような未来をめざし資金を動かしていくのか。

資金繰りの心配のない経営

自社の資金繰りは、他社及び理想的な状態と比べてどこがどうちがうのか。
それを改善するための中期の計画をたて。
計画を一歩ずつ進める。
ことです。

資金繰り表は

資金繰りのためには、資金繰り表の作成が一般的です。
中小企業でも、資金の心配から解放されるには、資金繰り表を作成したほうが良いです。
また、金融機関から協力がえられやすくなります。

会計データを資金繰りに活用

TKC会計ソフトには、資金繰り表作成機能があります。
会計データ入力するだけで資金繰り実績表が作成されます。
資金繰り予定表は、入力データをそのまま活用し、資金繰り計画に必要なデータを追加入力することにより
企業自身で作成することができます。

資金繰りのつなわたりから、資金繰り計画策定へ

企業の規模が拡大するにつれ、以前はできていた決済資金を用意できなくなります。

できていたことができなくなると不安になります。

不安の原因は、資金が不足することではなく、

資金計画をたて、実績と対比していない

計画的に資金調達をしていない

点にあるのです。

キャッシュは真実といいます。

資金の出入りで、計画を立て、実績と対比することにより企業の総合力があがるはずです。                                           

資金繰り表は将来の計画表です。早く手を打つためには、少しでも早く作成すべきです。
そのためにはパソコンを活用しましょう。TKC会計ソフトには、資金繰り表作成機能があります。

また、TKC経営指標で、同種同規模の経営指標が利用できます。

同業他社の資金繰り自社のそれとを比較することができ、理想の資金繰りを考えることができます。

今月の資金繰りしか目に入らない経営から
理想に向かった資金繰りを立てる経営をめざしませんか