戸田市,蕨市,川口市を中心に地域に貢献する税理士事務所 
大切に思うご自分の企業の良いところ、足りないところわかっていますか。                    協力してくれる方々に理解してもらえるように説明できますか。   

パソコンで月次決算

自分のことは、自分がわかっていたい。

取引先や金融機関から信用を得て事業を発展させたい。

と思っていませんか。

取引の拡大や、スムーズな資金調達には、経営者が自身の言葉で自社を説明できることが大切です。
そのためには、自社のことは自社で行うことが大切と考えます。自社の業績を正しく早く把握すれば、夢の実現につながります。

パソコン会計で同じ画面を見ながら会計事務所と一緒に業績管理、資金管理、経理の合理化について考えませんか。

データの電子化、インターネットバンキング、銀行信販データの利用で省力化ペーパーレスが可能です。

自社のことは自身がわかっていたくありませんか

帳簿のことは、丸投げしているから会計事務所に聞いてくれ。                                                                                            金融機関は、取引先は自社のことがわからない経営者をどう感じているのでしょうか。

TKCのパソコン会計ソフトを活用すると、企業様自ら最新の業績を把握することができるようになります。
①最新の業績が即座につかめます。
②経営改善のヒントを提供します。
③「問題点発見」と「原因究明」が可能です。
④当期決算の先行き管理ができます。
現状が把握できると、次の方向性がつかめるようになります。
自分のことは、自分がわかっていたい。
そのための道具がTKCのパソコン会計ソフトFXシリーズです。

希望であれば1年間記帳代行しながら、丁寧に説明いたしますので十分お考えください。

業績管理のための変動損益計算

通常の損益計算書は外部報告用です。
損益計算書では、
目標利益を達成するためには、いくら売上が必要か?
社員を一人採用することによって、利益がいくら変わるか?
といった質問に対して即座に答えることができません。
すべての費用を売り上げに伴って増減するか否かにより
「変動費」と「固定費」に分けて表示する変動損益計算書に組み替えることにより
この質問に答えることができます。                                    金融機関に説明できるようになります。
TKC会計ソフトは変動損益計算書を採用し経営者の意思決定を支援しています。

予算を登録して実績と比較する

良い会社にしたい。仕事で幸せになりたい。
目標を明確にすると、今やるべきことがはっきりします。
目標達成には、今やらなければならないことだけを確実に行うことがポイントです。
TKC継続MASシステムで簡単な5つの質問で短期経営計画を策定し
パソコン会計FXシリーズに登録
月次で予算と実績の対比ができます。
自社のパソコンですから常に経営者が確認することができます。

経営は、通常思い通りにはいかないものです。早期の軌道修正は夢の実現のために必要です。

部門別業績管理のため

部門別業績管理では、商品別や得意先別に部門分けすることにより、商品別や得意先別に売上高や限界利益がわかり、どの商品、得意先に注力すべきか、といったことが見えてきます。

金融機関との関係強化

会社存続発展のために、金融機関との良好な関係を築くことが大切です。TKCモニタリング情報サービスでは、貴社に代わって金融機関に決算書等や月次試算表等をインターネットで送るサービスがあります。

 貴社の依頼に基づいて、 迅速に信頼性のある情報を提供し、金融機関との関係の強化を支援いたします。

 金融機関への報告のためにのみ決算書等をコピーしていた時間と費用が節約でき、環境にもやさしいです。

資金繰り計画表が作成できます

資金管理は、企業経営にとって生命線です。
資金ショートが起こる原因分析や具体的な改善まで資金管理できれば、企業は安定した健全な経営を行うことができます。
FX2では、請求書から必要項目だけを入力することにより、定時支払、借入返済予定をあらかじめ登録することにより、自動的に仕訳データの作成及び資金管理まで連動する機能があり資金繰り計画書を作成できます。
経理業務の効率化が図れます。
資金繰り計画書を作成できる中小企業は、大変少ないのが現状です。その中で自社で作成できるだけで、金融機関の評価は、大変上がります。

インターネットバンキング振込用データ

インターネットバンキング(IB)の振込用データが自動作成できます。
IBを利用していても、決済情報データの作成と支払業務は、月末近くに思いのほか時間がかかるようです。
IBと連動しますので、日常業務で作成されたデータより連動データが一瞬で送信され決済業務は終了です。

FinTechサービス

銀行信販データ受信機能は、銀行やクレジットカード会社から取引データを受信し、これをもとに仕訳を計上することができます。

これにより経理業務を省力化することができます。